報道のための映像制作の装備

報道機関は、現代の出来事について情報を市民に対して伝える仕事に従事しています。情報量が多い媒体としては映像があり、映像で見る世界の現状は真に迫っています。しかし、報道の映像制作のためには、カメラを携えて現場を訪れることが必要です。中には、海外の危険な地域に足を踏み入れ、現地での取材を敢行している報道マンたちもいます。

こうした厳しい環境での取材活動では、映像取材のために用いる機材も耐久力があってこそ役割を果たすことができます。映像の撮影に必要なカメラには、業務用の高い耐久性を持ったものを使用する必要があります。またさらに、取材した映像ソースの整理や編集のため、持ち運び可能なノートパソコンも揃えることが重要です。映像制作の編集は、ノートパソコンのおかげでどこでも行う事ができます。

電源を確保する事ができる場所であれば、長時間に渡っての編集作業が可能です。ただし、ノートパソコンは本来はデリケートな精密機械であるため、厳しい環境での使用には向いていません。外へのノートパソコンの持ち出しのためのガードができるケースを用いたり、あるいはノートパソコン自体がアウトドアでの使用に耐えられるような強固な性能を持ち合わせていることが必要です。海外での報道映像制作において、カメラに加えて現地で映像編集から制作までこなすことができるノートパソコンを携えていけば、さらに大きな問題に対する取材活動に専念できる装備が整います。

動画制作のことならこちら