映像制作を依頼する時のポイント

会社の案内や商品の宣伝、街おこしや村おこしなど、映像を使う機会が増えてきています。パソコンやスマートホン、タブレットが普及し、いつでも、誰でも映像を見ることができるようになってきたので、文字だけよりも情報量が多く、アピール力が高い映像の利用可能性が広がってきています。映像制作は、制作する側が満足するきれいな映像やかっこいい映像を作るスキルがあるだけでは意味がありません。見る人の立場に立って、思わず知りたくなる情報を、思わず見たくなる映像で記憶に残すことが大切です。

映像制作会社を選ぶ時には、過去の実績などを見て、効果の高い映像を作っている会社を見極めることが大切です。また、映像制作を依頼する時には、予算も気になりますが、予算は安ければよいというものではなく、費用対効果で選ぶことがポイントです。しっかりとしたつかみやアピールが盛り込むことができる構成力があるかどうかやスムーズに撮影し編集する技術があるかどうかなどを見極めた上で、予算を比較すると良いでしょう。分かりやすいのは、同じ内容で企画を見積もってもらうことです。

同じように伝えたときに、どのような企画を、どれくらいの見積もりで持ってくるのかを検討することで、自分の会社に合った映像制作業者を選ぶことができるので、おすすめです。映像制作は、映像がポイントですが、ナレーションやテロップ、BGMや編集などその他の要素も、見る人にとっては情報のひとつなので、トータルでアピール力のある映像を作ることができる会社を選ぶと良いでしょう。