映像制作の流れについて

商品の宣伝や会社案内、サービスの売り込みなど映像制作が力を発揮する分野がどんどん増えてきています。映像には、文字だけの情報よりも、たくさんの情報を盛り込むことができ、インパクトもあります。見る人が思わず見入ってしまうような映像を作ることができれば、宣伝効果が高く、商品やサービスの売り上げが伸びたり、会社や商品の知名度が上がったりすることが期待できます。映像制作を依頼する時には、まずは、見積もりを取ることが大切です。

いつ、どこでどのように映像を使用したいのかやイメージしている内容などを伝えて、構成案を作ってもらいます。この時点ではまだ費用がかからないことが多いので、見積もりを取ることがおすすめです。構成案が出ると見積もりが出るので、納得できたら映像制作を依頼することになります。構成案をもとにシナリオや台本、絵コンテなどを作ってもらいます。

この時点でイメージが擦りあってないと、仕上がりが思っていたのと違うことになるので、しっかりとすり合わせをすることがおすすめです。撮影の場所や出演者、スケジュールなどを決めて、それぞれの手配ができたら撮影を行います。その後、撮影素材やCG、写真素材などを編集していきます。編集は何度か繰り返しながら完成に近づけ、BGMやナレーション、テロップを入れていきます。

途中で視聴して、テロップや編集の変更をしてほしい個所があれば、しっかりと伝えることがおすすめです。完成版ができたら、指定のフォーマットで納品されます。数日でできることは少なく、1か月から数カ月かかるので、納期に余裕を持てるように早めに発注することがポイントです。