映像制作現場の発展に貢献するコンピュータ

映像制作といえば、撮影と編集が作品作りに欠かせませんし、人の能力や技術も大切ですが、効率的に進められる手法も大切です。コンピュータの発展は映像制作の現場を変え、時間短縮とクオリティのアップを実現しています。また、個人の映像制作品質も向上させ、低予算で従来実現が難しかった編集を可能にし、新しい才能発掘に役立つ状況が生まれてます。オープンソース文化の発展は、高品質な無料ソフトウェアの普及に役立ち、パソコンさえあれば誰でも始められる利点が発生します。

3Dが扱える無料のソフトウェアは、市販の映像制作製品と比べても遜色なく、サポート以外の違いは小さいので、情報を探したり吸収する意欲さえあれば、簡単にプロ品質の環境が手に出来ます。扱えるファイル形式が豊富であれば、互換性を高く実現しているので、将来的に商用製品に乗り換えたとしても、過去の作品を無駄にする事はなくなります。連携する使い方も可能なので、モデリングとレンダリングを分けたり、優れた方法部分的に活用する事で、お互いの欠点を補う方法も考えられます。このやり方が実現するのは、お互いの品質が対等だからですし、映像制作現場が大きく変わっている事を意味します。

2Dやフォトレタッチの分野でも、同様の変化は発生していますから、挑戦のハードルは低く、個人で取り組む事も現実になります。歴史やノウハウについては、商用ソフトウェアが有利な部分ですが、チャレンジ精神はフリーのソフトが負けない文化ですし、お互いの存在が良い刺激を与える関係に繋がり、それが業界全体の発展になります。