映像制作の魅力について

最近は、パソコンやスマートフォン、タブレットなどが普及し、誰でも映像を見ることができるようになってきています。動画を利用した広告は、文字や写真だけの広告よりもインパクトや情報量があり、見る人の関心を集めやすい物として注目されてきています。企業名や商品、ブランドなどをアピールできるのはもちろん、紙面では伝えにくい作り手の表情や思いを伝えることができるので、企業や商品に対する親近感や安心感が得られることが期待できるため、アピール力が高まることが映像の魅力です。また、文字や写真のみの情報は、人によって読み取り方が変わってしまう可能性が高いのですが、映像なら、見せたい内容、伝えたい情報をより確実に伝えることができ、見る人の側からは格段に分かりやすくなることもメリットです。

映像制作の最大の魅力はインパクトがあることです。文字や写真のみの広告に比べて、映像での広告は情報量が多く、インパクトを与える情報源が映像に加えて、ナレーションやBGMなどの音、テロップなどの文字といろいろなインパクトを複合的に与えることができるので、記憶に残りやすいという特徴があります。BGMを聞くと懐かしのCMを思い出したり、衝撃的な映像と商品が結びついていたりという経験がある人は多いのです。映像制作は、見る人の立場に立って作ることが大切です。

依頼する時には、過去の映像制作の実績を調べたり、複数の会社に見積もりを取ったりして、よりインパクトがあり効果の高い映像を作ることができる力のある会社に依頼することがおすすめです。