映像制作会社の求人に応募する前に注意する事

映像制作会社の求人の特徴は、決して映像の技術を要求されるわけではありません。それよりも重要となるのが、根気よく一つの仕事をやり遂げる継続性です。映像制作会社の仕事は映像を制作するだけではありません。仕事を受ける営業部門や、映像を制作するための企画を行う部門など、さまざまな部門から成り立っているものです。

更に映像制作会社の多くはテレビ局などの意向を受け製作することが多いので、テレビ局の意向をくみ取る能力や脚本などの具体的なイメージを作り上げることも重要な仕事となります。また、実際に求人されるのはこのような実際に映像を制作する部門以外の仕事が多いのです。その為、実際に映像を作成するための技術よりも、与えられた仕事をこなす継続性が非常に重要になるのです。しかし、映像を制作する仕事である以上、映像に関する技術を全く持っていない場合には仕事の内容を把握するのに時間が掛かってしまうため、中途採用や転職の求人の場合などは不利になることもあります。

その為に必要最小限の知識は必要になることが有り、また面接担当者に対して印象が悪い部分も有るため最低限の知識は有った方が有利です。しかし、映像制作の知識や能力が先行してしまうと、逆に敬遠されることになってしまうことが多いのです。映像制作会社の求人は他の企業の求人とあまり変わるところは有りません。その為、特段映像技術に詳しくなくても、与えられた仕事を根気よく続けることが必要になるのです。