映像制作の求人の攻略方法

映像制作の仕事の求人というとCM制作や映画業界など少ないと思われます。実際、営業や事務といった職種より求人は少ないかもしれませんが、案外ニーズが多いものです。例えば結婚式では本人の馴れ初めを映像で流すのが一般的です。また式の様子を式の終わりに映像で流すこともあります。

一日の結婚数が千旧約組み以上であり、予算が200万円以上が平均であることを考えると良質な映像のニーズがどれほどあるか言わずもがなでしょう。またyoutubeなど一般人でも投稿される時代となり、動画が当たり前の時代になり、各企業でも広告活動の一環として動画を活用する時代になってきました。社長のインタビューやエステや整体の実施例を動画で配信するのは、大手企業だけではなくちいさな店舗や中小企業でも一般的なマーケティング手法となってきました。この流れによって映像制作に携わる者に求められるのは広告的知識となります。

クライアントである個人・企業がどういった映像を求め、どういった結果を求めているのかを組みと乗り、その好みをくみとり、業界やマーケティングを理解した映像制作が求められます。つい、クリエイターとは自分の良いと思うものをつくりがちですが、それがクライアントの好みとマッチングしないとアカデミー賞を取る映画であったえも一円も貰えません。あなたが仕事として、映像制作に携わりたいのであれば学ぶべきは人心掌握の術と業界の傾向とマーケティングです。クライアントありきで、クライアントを喜ばすためにどうすべきか、それを理解すれば映像制作の求人を攻略するのは難しくありません。